仕事のやりがい

仕事は皆嫌いますが、スピリチュアルの世界ではなくてはならないものだと考えます。もし仕事が無ければ自分を鍛えることが出来ず、ひたすら怠惰に生きることしかできなくなるからです。それを人生と称することはできません。しかし仕事に打ちのめされる運命にあるのだと恐れる必要もありません。気の持ちようで、嫌な仕事も楽しむことはできます。コツは至って単純です。「やらされている」と考えてしまっては、どう頑張っても楽しむことはできません。逆に自分を成長させるツールと捉えることができれば、積極的に携わることが出来るようになります。

目の前の仕事が自分に合っているかどうか考える暇があるのなら、その仕事をより効率的にこなせるように頑張ることの方が大切です。意味のない仕事など存在しません。自分に割り当てられているということは、それだけの意義があるということなのです。運命を疑うことなく心血を注げば、いずれ仕事の本質を理解できるようになります。そうすれば、どんな仕事であってもやりがいを感じられるはずなのです。

もちろんそうした境地に辿り着くまでにはある程度の時間を要します。ただスピリチュアルを学ぶことでその時間を短縮することは可能ですから、是非興味のある人は勉強して下さい。職種は関係ありません。あなた自身の姿勢が問われるのです。裏を返せば、「好きな事を仕事にする」というのも、あまり信用すべきではありません。最初は嫌だった仕事が好きになることもありますし、自ら選んだ仕事に飽き飽きする事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です