変化を受け入れる

スピリチュアルコーチングにおいて、自分が成長するためには「変化を受け入れること」が大切とされています。例えば育って行く花を観察してみてください。花は、葉や茎を伸ばし、絶え間なく変化をしていることが分かります。もしも花が成長をすることを拒んでしまえば、花はたちまち死んでしまいます。人間にとっても同じです。自分が変化を受け入れられなければ魂を成長させられません。魂が「死んだ」状態になるとも言えるでしょう。

魂は、太陽とも例えられます。自分の身体の中に、小さな太陽のような魂が入っています。自分が愛を感じ、他人に愛を与えるたびにこの太陽は大きくなっていき、自分の内に暖かさが広がっていきます。この太陽の光は、自身の願いや目的をはっきりさせることができ、心の視界がクリアになっていくでしょう。また、自分だけでなく周りにも光を放ちます。心の太陽が照っている人は、良いタイミングで、それぞれに合った言葉を選ぶことができるようになります。惜しまず照らすことで、周りにも感謝をされるでしょう。周りを照らし、暖めることで、周りの人々を知るきっかけにもなります。人が深く理解をし合うとき、そこには純粋な愛が生まれます。

愛を受け入れることは、ある種の変化とも言えます。時には拒否をしたくなることもありますし、人に与えることに抵抗がある場合もあるかもしれません。しかし、自分の魂の成長と考え、内なる神を受け入れる姿勢を忘れないようにしましょう。変化なしには、魂が暗くなってしまいます。木や花などの自然を眺めることも効果的とされています。木や花は変化を受け入れて成長しているため、良いエネルギーを感じることができると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です