ジェラシーから見習う姿勢に

 誰かを羨む気持ちを抑えるのは中々難しいものです。そのような時は、相手の人が成功するまでの努力に思いを馳せるようにしましょう。そうすれば、単なるジェラシーは抑制され、代わりにその人を敬う気持ちが生じます。そして、自分も同じように努力して、近付きたいという意欲が生まれてくるでしょう。他人の長所から学び取ることは沢山あります。努力する能力もその一つと言えます。その能力を見習うことで、皆成長する機会を得ることが出来るのだと心得ましょう。ジェラシー自体を完全に解消することはできませんが、他人の成功を横目に焦るのは馬鹿らしいというものです。焦っている時間を努力に充ててみてはどうでしょうか。そのためには、まず自分の立ち位置を客観的に知る必要があります。そして、次に目指すゴールを明確化することです。自分が何をしたいのかを、自分自身がよく認識することが何よりも大切です。

 そうはいっても、自分の才能を過信することなどできるものではありません。しかしそれで良いのです。たとえ誇れるものが現時点でなくても、自分の中に何かが眠っていることを信じ続ければ、人は明るく過ごすことが出来ます。例えば漠然と過ごすだけでも構いません。何の才能に恵まれているのか分からなければ、そうするより他ないからです。ぼんやりしたままでいることを非難する人もいるでしょうが、あまり気にしないようにして下さい。たとえ漫然と過ごすようであっても、自由時間を楽しんでいるのだと考えれば、贅沢な時間を過ごしていると捉えることも出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です