恐怖症やトラウマ

良い縁を結びたい、友人や恋人を作りたい、良い人間関係を築きたいと思うのは、人として当然のことです。特に女性は「運命の出会い」を求める傾向にあると言います。このような出会いも、ヒプノセラピーで確率を上げることができるそうです。とは言え、ヒプノセラピーは占いや予言のようなものではなく、「潜在意識」を使った根拠あるものなのです。その仕組みを紹介していきます。

そもそも「運命の出会い」というのは、日常生活の中から生まれるというケースも多いそうです。例えば電車で隣になった相手や、よく行くカフェの店員など。普通であれば、特に何がある出会いではありませんが、その出会いを「運命の出会い」に変えるという意味があるそうです。例えば、結婚相手を探して婚活パーティに行っている人がいたとします。パーティでは笑顔で愛想良く対応するのですが、一歩外に出ると他人には冷たい態度を取る、なんて人は出会いが減ってしまいますし、良い縁だったはずのものも逃してしまいます。このような場合に、ヒプノセラピーが有効です。表裏ある態度を取ってしまうのは、「婚活で自分にプラスになる相手にしか笑顔を見せる意味がない」という潜在意識からの行動であり、上っ面の笑顔であることが相手にも何となく伝わってしまうからです。ヒプノセラピーを行うことで潜在意識自体を変えることができます。そこには自分が気付いていないようなトラウマがあるかもしれませんし、肯定的な考えで上書きをするのも良いでしょう。打算的に人間関係を作っていくような態度は、結局自分で出会いの幅を狭め、「運命の相手」からも遠ざかってしまうのです。相手の心に響くような、正しい人間関係を作るためにはヒプノセラピーが効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です