禁煙と催眠療法

現在の日本では、そもそも喫煙者自体が減ってきていると言われています。飲食店などでも、分煙・禁煙が増えてきているのが分かります。喫煙者が「禁煙」をするための専門の窓口もあるそうです。こうした禁煙のためにも、ヒプノセラピーは効果があると言われています。禁煙をするために、「禁煙グッズ」が多く売られていますが、ヒプノセラピーではこのようなグッズは使われていないそうです。では、具体的にどのような仕組みで、禁煙に効果があるのでしょうか。

簡単に言うと、ヒプノセラピーで潜在意識に訴えることで「禁煙はいけないことだ」「タバコを吸ってはいけない」などと、禁煙をする方向に教え込むのです。禁煙は、禁煙のグッズを利用することや、薬物の治療を使うことも効果がありますが、やはりそこでもある程度の我慢は必要です。特に授乳をしている女性、妊娠中の女性であれば薬物療法をできない場合もありますし、最終的には意思の強さが大切になってきます。その禁煙の意思を強くすることができるのが、ヒプノセラピーです。併せて、禁煙中はどうしてもニコチンが切れてしまうのでイライラしてしまいます。この苛立った気持ちも、ヒプノセラピーで緩和をすることができるそうです。様々なアプローチはあるそうですが、タバコに関する興味自体を抑えることを中心として行うことが多いようです。

ヒプノセラピークリニックで禁煙をしたい相談をしてみれば処置を行ってくれる場合もありますし、オンラインでも専門のセラピーを受けることができるそうです。ただし、オンラインでのヒプノセラピーを行う場合は英語で行われていることが多いですので、ある程度の語学力がある人向けと言えるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です