食事にスピリチュアル

栄養士のAさんは老人福祉施設や学校などで長年にわたり栄養士として食事の栄養バランスをアドバイスしてきた女性。食事の栄養面だけなく精神面への効果にも注目しはじめたAさん。彼女も仕事をしながらヒーリングスクールに通うことでスピリチュアルについて学び始めたひとりです。ヒーリングスクールで目に見えない、または形にならないエネルギーワークの存在に興味を持った彼女は自分が考える献立の一部にスピリチュアル要素を取り入れました。たとえばユニークな食事メニュー名を考案し食べる人のメンタルにまで働きかけることをめざしたそうです。時には季節感をより感じられる色合いに、時にはストレスを抱える人にリラックスを促すメニューを、様々なヒーリングメニューを考えることに挑戦し、なかでもカラーセラピーや癒しの効果をねらったメニューは多くの人に笑顔をもたらしたそうです。ただ栄養のバランスを考えるのではなく食べる人の気持ちに寄り添った仕事ができることにAさんは今まで以上にやりがいを感じるようになったと言います。

このように、仕事にもスピリチュアルを取り入れている人たちが増えています。自分が幸せになるためのライフワークとして学ぶだけではなく、スピリチュアルの対象となるお客様がより幸せや喜びに満ちた状態になることを願って様々な取り組みをしています。スピリチュアルを提供する専門家をスピリチュアリストと呼ぶことがありますが、スピリチュアリストとしてお客様の信頼を得ながら様々な問題の解決や改善をサポートしたり、未来の可能性を引き出したりすることで、何より本人たちが最も幸せな時間をおくれているとも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です