人としての本当の幸せ

結局、人生は人同士がお互いに関係し合い、調和しあいながら生きることで、豊かなものとなっていくようです。スピリチュアル・ヒーリングでは、自分が誰かの役に立つと、幸せを感じるのでしょう。自分の存在が人や社会に何か役に立つことが、私たちの一番の喜びなのではないでしょうか。人は誰ひとり、同じということはないでしょう。考え方、名前、顔、性格すべて違うと言えるでしょう。その人固有の人生があると思います。人それぞれの個性が輝きを放つから、世界が広がり、社会が発展すると思われます。個性あふれる豊かな人たちが集まり、新しい価値や文明を創造していくので、世界が進化を続けているのでしょう。あなたに与えられたライフミッションも、あなたの個性にあわせたものになるでしょう。そして、使命は、何かお役に立つこと、奉仕、貢献だと思われますので、あなたの個性の輝き、強みを生かしたものでしょう。このように考えますと、どの人にも自分固有の大切なライフミッションがあると思われます。コーチングスクールでよく出す話題に、「あなたにとっての幸せとはなんですか?」という問いかけがあることがあります。幸せの定義も人それぞれだと思われます。スクールでもいろいろな幸せがでてくるのですが、共通している点は自分が人の役に立って、相手が喜んでくれると自分も幸せということが言えるのではないでしょうか。人の役に立つということは、ささやかな行為でも尊いものでしょう。おそらく、多くの人は人生のほとんどの時間を、仕事に費やすでしょう。家庭の主婦業も立派な仕事と思われますし、ボランティアも奉仕の仕事とみますと、誰でも何か仕事をしていると言えるかもしれません。