ライフミッションを具体化させる

スピリチュアルコーチングに於いて、理想を描いてそれを具体化し、ライフミッションを持つ方法と考えるものがあります。

それは、こんな感じだと思われます。コーチとしてお客様に個人セッションを提供することからはじまり、コーチングセミナーなども提供しはじめます。次には、コーチングスキルをお伝えするスクールを開き、クライアントとのセッションケースが1000ケースを超えてきたころ、クライアントの心から答えを引き出してくるには、スピリチュアルな視点の質問がとても効果が高いことを発見していきます。特にクライアントのニーズは、使命の発見にあるということも共通してわかってきました。小さな歯車を回していく感じです。すると、積み重ねるごとに新しい仕事野道が開くようです。理想を描き、それを目標にしていくと、それを叶える仕事が与えられていくようです。はじめから、ライフミッションを発見できるとは思っていませんでした。クライアントのニーズに答える中から、結果として現れてきたようです。使命を発見するときには、心の奥から自然と沸き起こってくる思いを大切にすることのようです。明るく生きよう、人に親切にしよう、人の役に立つ仕事をしよう、世界が平和になるように働きかけよう、困っている人を助けようなど、具体的でなくてもいいと思います。その願いを具体的な行動にしていく中で、自分に合った仕事や行動が見つかってきますので、まずは願いが先にきます。スピリチュアル・コーチングでも、最初は大きな理想から見つけていくワークを行うようです。漠然とした理想からライフミッションを見つけていったクライアントさんがたくさんいらっしゃるようです。